【パズドラ】「産廃」とは/意味・用語解説


380

パズドラ用語解説

 

「産廃」とは

 

産廃とは、「産業廃棄物」の略です。
パズドラでは、利用価値のなくなってしまったモンスターは「産廃」、あるいは「オワコン(終わったコンテンツ)」と呼ばれます。
.

実装当初は強かったものの後からより強力なモンスターが追加されてすっかり使いどころが無くなってしまった場合や、最初からステータス・スキルが微妙な場合などに産廃のレッテルを貼られてしまいます。
しかしパズドラの場合、ユーザーからの評判の悪いモンスターにはスキル修正などの改善措置がとられることが多く、これまでにもたくさんの産廃モンスターが再評価の日の目を見てきた経緯があります。使えないキャラだと決めつけてすぐに売却してしまうのは待った方がよいでしょう。
.

なお、過去にパズドラユーザーの間で産廃扱いされているキャラとしては、ヴリトラやカグツチ、ライダーシリーズなどが挙げられます。なかなか上方修正が行われないため、もはやこれらのモンスターはネタ要員になりつつあります。
しかし、昔の神タイプモンスターなどは覚醒進化などで、環境を一変させてしまうほどの強さを持ったモンスターに返り咲くことがあります。
「弱くて産廃だから」と決めつけてすぐモンスターポイントに換金せずに、ガチャで引いたモンスターは最低1体は大事に取っておいたほうがいいでしょう。

 

 

パズドラ専門用語まとめ

 

その他の専門用語・略語一覧はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>