【パズドラ】「ゼローグ∞」評価・使い道まとめ【使える?】


ダウンロード

ゼローグ∞降臨で手に入る「黒天の幻龍王・ゼローグ∞」(08)の評価・使い方とリーダー、サブとして使えるのかをまとめました。
モンスターのステータス・スキル情報、使い道も載せています。

 

黒天の幻龍王・ゼローグ∞

 

2015-0531_pdZerog-04

 

リーダー評価 サブ評価
9/10点 8/10点

 

入手場所

 

※こちらのゼローグはノーマルダンジョンのラストで手に入る天元のゼローグではありません。
特殊降臨ダンジョン「ゼローグ∞降臨【特殊】」で手に入る「幻龍王・ゼローグ∞」を究極進化させることで入手可能です。
ゼローグ∞降臨【特殊】ダンジョンの攻略情報はこちら

 

ステータス

 

- HP 攻撃力 回復力
Lv1 - - -
Lv最大 4,085 1,625 305
+297 5,075 2,120 602

 

スキル

 

ライジングダーク ターン数:17(7)
3ターンの間、闇ドロップが少し落ちやすくなる。
自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

 

リーダースキル

 

幻龍王の逆鱗
闇の2コンボ以上で攻撃力が上昇、最大6倍。ドラゴンタイプの全パラメータがほんの少し上昇。
(ドラゴンタイプの全パラメータが1.1倍)

 

覚醒スキル

 

闇ドロップ強化/スキルブースト/封印耐性/闇ドロップ強化/スキルブースト/2way/操作時間延長/闇ドロップ強化

 

ゼローグ∞のここが強い!

 

  • 最強のドラゴンタイプリーダー!
  • ダンジョンで手に入るのに高ステータス
  • 闇パのサブで超重宝

 

リーダーの使い道

 

リーダー評価:9点/10点
ゼローグ∞は入手の難易度がとても高いですがそれに見合うドラゴンタイプ最強のステータスとリーダースキルを兼ね備えています。
闇ドロップの2コンボで4倍、3コンボで6倍、フレンドと合わせて36倍もの火力になり、ドラゴンタイプの全ステータスを1.1倍(フレンドと合わせて1.21倍)に出来ます。
.
36倍と聞くと、ラーやアヌビスの倍率に見劣りしますが、闇を3連続で消している時点で36倍×3(108倍)以上の火力を出している計算になります。
これにコンボ倍率や2way、ドロップ強化などが乗るので、かなりの火力を発揮できます。
.
またスキルマの場合、フレンドと合わせて目覚めループが可能なので、落ちコンにも期待することが出来ます。
サブには陣スキルとヘイストを持つ覚醒ハクを入れることで、簡単に闇ドロップを生成することが出来ます。
スキルマまでの道程は長いですが、その価値は十二分にあるといえるでしょう。

 

サブの使い道

 

サブ評価:8点/10点
ゼローグはサブとしても優秀なポジションを獲得しています。
高ステータス、良覚醒スキルを持っているのに加え、闇ドロップを落ちやすくしてくれるので、覚醒ハク、覚醒アヌビス、覚醒ツクヨミ、オオクニヌシなど、闇ドロップを必要とするコンボパにとても重宝するサブモンスターになっています。
.
最大の長所はゼローグのスキルにあるので、出来るだけスキル上げをしておきましょう。
降臨ダンジョンで手に入るモンスターですが、今後も様々な場面で活躍の機会がありそうなので、ぜひ育てておきたいですね。

 

スキル上げするべき?

 

スキルマにすることでLFゼローグ∞や、サブにゼローグ∞を2体入れた場合も目覚めループすることが出来ます。
必ずスキル上げをするべきでしょう。
ゼローグ∞降臨の周回がキツイ場合はヤミピィを使っても良いです。

 

総合評価

 

ゼローグ∞総合評価
降臨ダンジョンモンスターの中では闇イザナミと並んで優秀なスキルを所持しています。
スキルマまでの道程は長いですが、降臨周回やピィラゲをしてでも上げる価値はあります。
覚醒アヌビスパなど、コンボがメインのパーティで運用する場合は、目覚めループができるよう、スキルマゼローグを2体揃えたいところですね。
.
また、ドラゴンタイプリーダーとしも超優秀な活躍を見せてくれるので、闇ドロップ変換を持つサブを入れて様々なパーティを編成してみましょう。
ドロップ強化を3つも持っているので、ドロップ強化パがオススメです。

 

評価・テンプレパーティ一覧

 

その他の評価・テンプレパーティの一覧はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>