【パズドラ】「西洋神」とは/意味・用語解説


122

パズドラ用語解説

 

「西洋神」とは

 

西洋神とは、ミネルヴァ、ネプチューン、セレス、ヴィーナス、ハーデスおよびその進化形のことです。
パズドラで最初に実装された神タイプのモンスターであり、古参にとっては非常に馴染み深い存在のキャラです。
レアガチャを引くとたまに入手することができます。

究極進化では特定の属性のダメージを軽減する防御系のリーダースキルを有しており、出現する敵モンスターの属性に偏りがあるダンジョンで大変重宝します。
耐久性を重視したパーティーを組む際に活用すると良いでしょう。
特に時間停止系のスキルを持っているヴィーナスは、パズルの苦手なユーザーにとって理想的な仲間と言えます。
各キャラには3種類の究極進化形が用意されていて、通常の究極進化はそれぞれ副属性が光タイプと闇タイプになっています。
どちらを選ぶかはユーザーの判断次第。育成の楽しさも満喫できます。

2014年ごろから追加された初の覚醒進化モンスターに抜擢され、ミネルヴァ、ネプチューン、セレスがダメージ半減+倍率という驚異的なモンスターになったことから覚醒進化及び西洋神は一気に注目を集めました。
中でも覚醒ミネルヴァは防御減少と変換スキルを持つことから、光闇の降臨ダンジョンを軽々とクリアできる強力なモンスターとなりました。

 

124

126

128

130

 

パズドラ専門用語まとめ

 

その他の用語・略語はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>