【パズドラ】「北欧神」とは/意味・用語解説


368

パズドラ用語解説

 

「北欧神」とは

 

北欧神とは、フレイ、イズン&イズーナ(イズイズ)、フレイヤ、トール、ロキおよびその進化形のことです。
文字通り、北欧神話に登場する神々ですが、オーディンやヴァルキリーなどのキャラは北欧神シリーズには含まないことになっています。
全員神タイプのモンスターで、それぞれの属性は火・水・木・光・闇に設定されています。
進化前は敵1体に自分と同じ属性の攻撃力×10倍攻撃をし、3ターンの間、同属性の攻撃力を1.5倍に上げるスキルを所持しています。
共通してエンハンススキルを持っているのが特徴です。
.
通常の究極進化をさせると、自分と同じ属性・タイプのモンスターの攻撃力と回復力を2倍に高めるリーダースキルが備わります。
属性強化の覚醒スキルも非常に優秀。攻守のバランスの整ったパーティーを組むことができます。
北欧神同士を組み合わせる活用法もありますし、あえて北欧神をサブに回して強化スキルを活かした属性攻撃を主戦術にする手もあります。
非常に幅広い用途があり、サブとしてもリーダーとしても汎用性の高いモンスターです。
.
2015年の覚醒進化実装では、ヘイスト付きのエンハンスモンスターになり、サブとして強力な進化になりました。
覚醒進化はリーダーとして活躍する場面が多かったので、新鮮な役割を担っています。

 

パズドラ専門用語まとめ

 

その他の用語・略語はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>