【パズドラ】「御三家」とは/意味・用語解説


1

パズドラ用語解説

 

「御三家」とは

 

御三家とは、パズドラのゲーム開始時に貰えるドラゴンシリーズのことです。
ティラ、プレシィ、ブラッキィ、プテーラ、スピノンのうち、特に火属性・水属性・木属性の3種類を指します。
すべてのパズドラユーザーが一度は目にすることになるドラゴンタイプのモンスターであり、ある意味パズドラを代表するキャラと言っても過言ではありません。
自分の攻撃力×3倍の属性攻撃を行うスキルと、同属性モンスターの攻撃力を1.5倍に高めるリーダースキルを共通して持ちます。
性能はたかが知れていますが、初心者がパズドラのゲームシステムを理解する際の教材として活用されます。
御三家の評価はユーザーによって大きく分かれます。
初期選択以外ではプレゼントガチャでしか入手できないので、ずっと大事にモンスターボックスで保管している人もいれば、さっさと合成に回して処分してしまう人もいます。
御三家にも究極進化形が実装され、神タイプモンスターが400万でレベルマになるのに対して、御三家シリーズのモンスターは究極進化しても150万の経験値でレベルマにすることができます。
育成のしやすさではピカイチでしょう。
どうしても処分しきれない人は、育成に尽力してみても面白いかもしれません。

 

5

9

13

17

 

パズドラ専門用語まとめ

 

その他の用語・略語はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>