【パズドラ】「毒ドロップ」とは/意味・用語解説


dokudoku1

パズドラ用語解説

 

「毒ドロップ」とは

 

毒ドロップとは、ドクロのようなアイコンをしたドロップで、3つ以上つなげて消すとダメージを受けてしまう特殊なドロップの事です。
主にダンジョンのギミックとして降臨などで敵が使用してきます。
3つ繋げて消すと20%のダメージを受けてしまいますが、コンボによってダメージは増えません。
また、HPが0になる量の毒ダメージを受けても、同タイミングで回復ドロップが消せていて、回復量が毒ダメージを上回っていれば死ぬことはありません。
.
最初に登場したのはベルゼブブ降臨で、盤面のドロップがランダムに毒ドロップに変換されたユーザーは驚きました。
消してしまうとダメージを受けるので、ユーザーは毒ドロップを繋げないようにパズルをしていました。
毒ドロップへの対処法としてはカンナやチェスターなどで変換したり、ドロリフで盤面全てのドロップを入れ替えてしまう事で一掃出来ます。
もしくはバステトやネプチューンなどが持つ覚醒スキルの毒耐性(1つ20%)で、敵の毒変換攻撃を弾くことが可能です。
.
一部には毒ドロップを活用するモンスターがいます。
それはヘル、モルボルワースト、ドラゴンショウグンなど自身で毒ドロップスキルが使えるモンスターです。
ヘルは毒を繋げて消すことで倍率が上昇します。
また、毒ドロップわざと生成して消すことで、闇メタ木孔明などのHPが○○%以下で発動するスキルを持ったモンスターのLSを常時発動させるといった使い方もあります。
降臨ダンジョンなどでやられると厄介ですが、使い方によっては便利なドロップになる可能性があります。
.
【毒ドロップのダメージの計算】
3個でHP20%ダメージ
4個でHP25%ダメージ
5個でHP30%ダメージ
6個でHP35% ダメージ
(毒ドロップが1つ増えるごとに5%ダメージ増加で、最大155%ダメージ)
3個消しを2回してしまうと40%ダメージを受けるので、6個繋げて消すのがおすすめです。

 

パズドラ専門用語まとめ

 

その他の用語・略語はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>