【パズドラ】「メタドラ」とは/意味・用語解説


176

パズドラ用語解説

 

「メタドラ」とは

 

メタドラとは、「メタルドラゴン」の略です。
強化合成用モンスターの一種で、属性は闇。全身銀色で、まさにメタリックな子供ドラゴンキャラです。
上位種にハイメタキンメタチョキメタが存在します。
火、水、木、光属性のメタドラは「カラメタ」と呼ばれています。
.
スキルリーダースキルの類は一切持ち合わせておらず、戦闘要員として起用されることはまずありません。
その分、経験値が高めに設定されており、1体で1000(闇属性の場合は1.5倍の1500)もの合成経験値を獲得することができます。
メタルドラゴンは、友情ガチャやゲリラダンジョンの「【緊急】メタドラ大発生!」などでドロップ入手可能。仲間モンスターの育成のために周回するユーザーも少なくありません。
.
しかし実際のところ、メタルドラゴンが重宝されるのはゲーム序盤のうちだけです。中盤以降になると、1000程度の合成経験値では話にならなくなるため、ハイメタルドラゴンキングメタルドラゴンなどの強化合成用モンスターに関心が移行してしまいます。合成経験値をアップさせるために、ペンギンの進化用素材として利用することが多くなるでしょう。

 

 

パズドラ専門用語まとめ

 

その他の用語・略語はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>