【パズドラ】『ネプチューンドラゴンパ』最強テンプレパーティ【おすすめサブ解説】


2255

モンスターポイントで購入出来る水属性モンポ龍の「ネプチューンドラゴン(ネプドラ)」の最強テンプレパーティをまとめてみました!
サブに何を入れたらいいの?という疑問もこのページで解決できます!

 

ネプチューンドラゴンテンプレパーティ

 

ネプドラ
闇ヘルメス
闇ヘルメス
覚醒カリン
初芽局
ネプドラ
リーダースキル
水か闇を5個以上つなげると攻撃力が上昇、最大6倍。
神タイプの回復力が1.5倍。
(5個3倍、6個3.5倍、7個4倍、8個4.5倍、9個5倍、10個5.5倍、11個6倍)
- 名前 役割
L 海王神・ネプチューン=ドラゴン ヘイスト
サブ 還魂の商業神・ヘルメス 変換
サブ 還魂の商業神・ヘルメス 変換
サブ 覚醒カリン
サブ 蒼扇の夜叉姫・初芽局 変換
F 海王神・ネプチューン=ドラゴン ヘイスト

 

ステータス

 

HP
20,678
攻撃力/回復力
火属性攻撃力 0 光属性攻撃力 0
水属性攻撃力 9,900
(356,400)
闇属性攻撃力 2,236
(80,496)
木属性攻撃力 0 回復力 1,782
(2,770)

 

覚醒スキル一覧
スキブ 9個 封印耐性 100% 操作延長 3個
2way 3個 水ドロップ強化 1個 水列強化 17個
闇列強化 2個 お邪魔耐性 2個 毒耐性 1個

 

パーティ解説

 

列強化を中心にネプドラの最大火力が発揮できるテンプレパです。
ネプドラパでは最大倍率を発動させるために11個もの水ドロップが必要になります。
道中は1列分(6個)の水ドロップがあれば、列消しだけでもかなりの火力が出るので問題ありません。
.
サブにはヘルメス、カリン、アンドロメダのうちどれかが2体以上は欲しいところです。
水ドロップを確保するために3枠以上は変換スキル持ちを入れたほうが良いです。
ネプドラは超絶毒ダメージとヘイストスキルのみで、実質スキルの使える場面がないので、サブでしっかりと補っていきましょう。
.
初芽局はステータスは低めですが覚醒カリンとの相性がとても良いです。
覚醒カリンを持っていない場合は、初芽局も外してアンドロメダを2体入れるのをオススメします。

 

パーティの使い方

 

道中

 

水か闇の列消しで倍率を発動させて突破。
ドロップがどうしても足りない場合は初芽局のスキルを使用する。
中ボスでは闇ヘルメスの変換スキルを使用。

 

ボス戦

 

覚醒カリン→初芽局。もしくは闇ヘルメスのスキルを使用。
列消しの11個以上水ドロップをつなげて消して最大倍率でワンパンする。

 

ネプチューンドラゴンパサブおすすめモンスター

 

変換持ちサブ候補

 

フラッドフェンリルナイト・カムイ
木→水ドロップ変換。
カリンとの相性が良いが、アンドロメダとセットでは使えない。
蒼翔姫神・ヴァルキリーレイン
回復→水ドロップ変換。
ジークフリートも高性能で優秀な軽変換スキル。
神導の大天使・ガブリエル
光→水、闇→回復に変換。
封印耐性も1つ持っている。
未来の時女神・スクルド
水木回復の陣スキル。
アンドロメダとセットで組み込みたい。
蒼鎖の星海神・アンドロメダ
火→水、光→回復の変換。
水ヴァルとの相性がとても良い。
富山湾の絶対王者・寒ブリ
闇→水、木→回復に変換。
上記のテンプレパで初芽局の代わりに使える。
還爪の青龍契士・リューネ
水、闇、回復の陣スキルと1ターンヘイスト。
カリンを持っていない場合はこちら。

 

威嚇・軽減持ちサブ候補

 

覚醒イシス
バインド回復とダメージ軽減スキル持ち。
一体入れるだけで事故死の確率がグッと下がる。
覚醒ヤマタノオロチ
5ターンの威嚇スキル持ち。
2wayメインのキャラなので相性はあまり良くない。

 

エンハ、バインド回復サブ候補

 

覚醒イズン&イズーナ
水の2倍エンハンスとヘイスト。
持ち前の火力でもボスをワンパン出来ない時に組み込もう。
翠水の鎧騎士・ミューズ
神タイプ2倍エンハンス。
サブが神で統一されている場合はかなり強力なスキルになる。

 

こんなサブモンスターも使えるよ!
という情報がありましたら是非コメント欄に書き込みお願いします!

 

評価・テンプレパーティ一覧

 

その他の評価・テンプレパはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>