【パズドラ】「お邪魔ドロップ」とは/意味・用語解説


ojama1

パズドラ用語解説

 

「お邪魔ドロップ」とは

 

お邪魔ドロップとは、敵モンスターが使用してくるスキル「お邪魔攻撃」によって盤面に出現するドロップのことです。
通常、火属性や光属性などのドロップを3個以上つなげて消すと相手を攻撃することができますが、お邪魔ドロップはつなげて消しても何も起きません。
文字通り、邪魔以外の何物でもないドロップです。
.
しかもお邪魔ドロップが出現すると、単にユーザーのストレスが溜まるだけでなく、必要な属性のドロップを消されて攻撃できなくなったり、欠損が起きるリスクもあるため、多色パにとってはとても厄介です。
特に、回復ドロップをお邪魔ドロップに変換されると一気に窮地に追いやられる可能性もあり、事前に十分な対策を練っておくことが望まれます。
.
基本戦術としては、お邪魔攻撃を無効化する「お邪魔耐性」の覚醒スキルを仲間に持たせる方法が挙げられます。
一つにつき20%の確率で無効化できるので、5個あれば100%ブロックできます。
また、ドロリフスキルも重宝します。

 

パズドラ専門用語まとめ

 

その他の専門用語・略語一覧はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>